ゴルフ保険って知っていますか?

ゴルフはスポーツの中では誰でもプレイしやすいです。ゴルファー保険に加入しているならキャディを付けましょう。

ゴルフ保険って知っていますか?

スポーツには珍しいゴルフの保険

誰でも簡単に出来るスポーツの一つにゴルフがあります。
複数のクラブやボールなどが必要になりますが、ゴルフ場の施設などで貸し出してくれる所も多いので初心者でも安心してゴルフをプレイすることが出来ます。
持ち方も打ち方も分からないような初心者の場合はレッスンを受けたり、仲間に教えてもらってからゴルフ場でデビューした方が周りに迷惑も掛からないので良いです。

ゴルフ練習場などでは打ち続けることが出来るので、体にボールを打つ感覚を染み込ませることが重要です。

打つ感覚を体に染み込ませたら、後はひたすらボールなしの素振りをして体の姿勢や軸がズレないようにスイングの型を作ることだけに集中しましょう。腕の筋肉を鍛えるよりも足腰を鍛えた方がゴルフには効果的です。

直線や飛距離を伸ばすためにも、面倒がらずに練習と体を鍛えることを怠らないようにすることが大切と言えます。

ゴルフにはゴルファー保険というものがあります。
練習中であったり、競技中、指導中に万が一事故を起こしてしまった時などに支払わなければならない損害金のための保険だけではなく、ホールインワンやアルバトロスを達成したときなどの祝賀会費用を出してくれます。
ホールインワンなどをした時の注意点としては、仲間同士だけではお金は支払われないという点です。

ホールインワンなどをした時には、まず保険会社に連絡をします。
保険会社から必要な書類を郵送してもらいます。
証明書が必要になるので、一緒にプレイをされていた人、ゴルフ場の支配人やキャディの方の署名と捺印が必要になってきます。
仲間同士では信頼性が薄いですので保険金が下りてくる確率は低くなります。
ビデオなどで録画をするのも良いですが、ホールインワンなどが出るのか分からないプレイを毎回のように録画したりするのは面倒ですので、仲間同士だけで楽しみたいと思うかもしれませんがゴルファー保険に加入しているのであれば、キャディは絶対付けることが大切です。